在留資格・ビザ・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら大阪上本町駅徒歩5分の行政書士アクアマリン総合法務事務所へ!

クリックで電話無料相談実施中!在留資格・ビザ・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら大阪上本町駅徒歩5分の行政書士アクアマリン総合法務事務所へ!
  

在留特別許可

  • 在留特別許可について




  • ★在留特別許可(入管法50条)



    法務大臣は,異議の申出に理由がないと認める場合でも,次のような場合には,在留を特別に許可できるとされています。



    この法務大臣の裁決の特例が,在留特別許可です。







    * 永住許可を受けているとき(入管法第50条第1項第1号)



    * かつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるとき(同項第2号)



    * 人身取引等により他人の支配下に置かれて本邦に在留するものであるとき(同項第3号)



    * その他法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認めるとき(同項第4号)



    この在留特別許可は,本来であれば我が国から退去強制されるべき外国人に対して,法務大臣が在留を特別に許可することができるとされているものであり,許可を与えるか否かは法務大臣の自由裁量にゆだねられています。











    許可が出た事例や出なかった事例を知りたい方は、お気軽に無料相談にお越しください。







    →→★なお,申請者の国籍や身分関係,職業などの様々な状況によって必要な書類が異なることがありますので,申請に当たっては、事前にご相談ください。



  •   


クリックで電話無料相談実施中!在留資格・ビザ・帰化申請・国際結婚・外国人起業等の外国人支援なら大阪上本町駅徒歩5分の行政書士アクアマリン総合法務事務所へ!